修学旅行の勤務時間の上限は12時間って無理!

②私の働き方改革

教員なら一度はハンコを押したことがある「修学旅行の勤務時間の割り振り」。

修学旅行のときの1日の最大勤務時間は自治体のよって違っていて,およそ「12時間~16時間」になっている。

本自治体の修学旅行の勤務

本自治体は
最大勤務時間は12時間に設定されている。
②22~5時に勤務を割り振ることはできない
だから下のような感じになっている。

「勤務時間12時間が上限」

12時間を超えないようにするために
①起床時間と就寝時間までが勤務時間に入っていない。
②次の日が授業終了前に勤務時間終了になっている。

勤務上限が16時間までであればきちんと勤務の割り振りができるのに・・・本来であれば,振休は1日ではなく2日になるはず!

教頭に確認すると

教頭に確認すると・・・しどろもどろながら説明してくれました。

本来はそうしたいのだけど・・・12時間という上限があってね。書類上だけ12時間にさせてもらっている。

特勤は3日間つくからね。

と言われました。

ただ,特勤はお金が出るだけで・・・振休がつくわけではない。うーん納得できないな~

と思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました