【5冊読んだ】どの本にも共通していること!

③増やす力

5冊の本を読んで投資に共通していること,「なるほど」と思ったことをまとめました!

投資の基本

*1974年の銀行預金金利は7・5%だったが1999年には0.01%に。
→銀行に預けていても,ほとんど金利はつかない。

*お金のプロ(証券マン・銀行員・FP)を信じすぎてしまうのはよくない。
→窓口で買うのはよくない。信託報酬が3.5%というところもある。

*投資の基本は長期保有。短期保有のデイトレードはギャンブルだから初心者は絶対にやってはいけない。

*相談相手と売ってくれる人が同じなのは危険

*リスクなないと増えない。若いうちはリスク許容度が高いから投資の割合を大きめにしてもよい。投資:貯蓄=「20代は7:3」「40代は5:5」「60代は3:7」

配当金投資

*配当投資をするなら日本ではなくアメリカ。
なぜなら25年連続で増配を繰り返す企業は米国100社以上に対し,日本は花王の1社のみ

*アップル・マイクロソフト・マクドナルドなどは売却益は少ないが配当金をしっかり出す。

*アメリカは株主に配当をしっかり出すが日本の会社は株主への意識が低い。

FIRE(Financial Independence, Retire Early)

最近流行りの言葉だと思います。「経済的自立」と「早期退職」を目標とするライフスタイルです。

インデックスファンドに投資をして,投資額の4%で年間生活費を賄えば30年以上元本がそのままの確率は95%(4%ルール)

例えば,投資額を1億円だとすると,インデックスファンドの利回りが4%程度だと,年間400万の配当がもらえます。だからこそ,400万で生活費を賄えば,自分の資産が減ることがないというルールです。

働かなくても,配当金で生活が賄えます!これはFIREの一例です。

日本は絶対に金持ちになれない教育をしている。
キャッシュフロークワドラントイラスト/無料イラストなら「イラストAC」
4つのクワドラントのうち,日本は「E 従業員」になるための教育をしている。

従業員は「税金面」でとても不利
従業員は「収入」に税金がかかる!
それ以外は「収入から必要経費を引いたもの」に税金がかかる。

*貧乏人は消費をする。=資産にならないものを買う。=キャッシュ&トラッシュ(ごみ)
*金持ちは投資をする。=自分の資産になるものを買う。

参考にした書籍

バカでも稼げる 「米国株」高配当投資-電子書籍お父さんが教える 13歳からの金融入門-電子書籍undefinedビジネスエリートになるための教養としての投資

コメント

タイトルとURLをコピーしました