こんなに差があるのか!車両保険ありなし?

①貯める力

車両保険はつけていますか?

以前リベ大の動画を見て「車両保険は不要」ということを知りました!そもそも保険というのは,「確率低 損失代」に備えるものです。

保険の役割

車両保険は「確率低」ですが,「損失小」になりうるので,不要という考えです。

車両保険の有無 保険料の違い

車両保険を付けるか付けないかでこんなに違うのかと思いました。私の車で見積もりを取ると下のような結果になりました。

車両保険の有無
車両保険なし:2万
車両保険あり:5万

1年で3万円も違いました。10年乗ったとしたら30万の差が出てきますね。

車両保険を使うとき

車両保険は以下の時に使うことができます。主に自分の車の修理費に補填されます。だからこそ,買ったばかりの車であったり,高級車である場合は入るということも選択肢の1つになります。


ソニー損保より)

車両保険の欠点① 保険料問題

確かに,車両保険を使うことで万が一の事故にも備えることができますが・・・欠点もあります。それは車両保険を使うことで,保険の等級が高くなってしまうことです。

12号給で50000円の保険料で
左が保険を使った場合
右が保険を使わなかった場合

保険を使った場合と使わなかった場合で,保険料が10万円の差が出てきます。となると,10万円未満の修理費の場合は車両保険は使わなくてもいいのかなと思います!

車両保険の欠点② 免責と車両価格

小さい事故と大きい事故に分けて考えます。

小さい事故
基本的に保険で全額おりますが,免責金額を考えましょう。

免責金額とは
保険会社が保険金を支払う場合に,その損害額に対する補償のうち補償を受けられる方が自己負担する金額のこと

もし損害額が設定金額を下回る場合には,保険金は支払われません。

大きい事故
保険で賄えない場合もある

イーデザイン損保
車両の保険額は年々下がっていく。

(例)
購入時300万
1年 240万
2年 180万

車両保険の免責金額や車両の保険額の面から考えても,使い勝手が悪いのかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました