【話し方】IではなくYouの視点を大切にする

③話す力

コミュニケーションの基本はどの本でも誰でも同じだなと感じます。

山下誠司さんが意識しているコミュニケーションも「相手に視点を当てる」ということで以前読んでいた本とほとんど同じことを言われていました。

山下誠司さん
「HAIR & MAKE EARTH を運営する、株式会社アースホールディングス取締役。株式会社サンクチュアリ代表取締役も兼任。 著書に『年収1億円になる人の習慣』がある。
以前の記事で紹介した本

IではなくYouの視点を大切にする

山下さんもYouの視点を大切にしていました。

そのために,「話す2割,聞く8割」を基本として接客をしたり,新人研修を行っているみたいです。

お客さんが中心に話してもらって,この人は何がいいたいのだろうかを考え,その話題について広げていくそうです。

お客さんが中心に話してもらうために
①目を見る へそと顔と目を相手に向ける
→姿勢も意識することで,相手に情熱が伝わる。
→姿勢にはその人の「普段」があらわれる。
→表情の王者は「笑顔」。自分の感情すらプラスになる。
→笑顔を届けるポイントは「目」。表情は「目」「眉」で伝える。②相槌   「さしすせそ」
*さすがですね。 *知らなかったです。 *すごいですね。
*センスいいですね。 *そうですね。

③メモを取る

コメント

タイトルとURLをコピーしました