【相続①】自分が死んだら・・・財産はどうなるのか?

FP3級
もし,私が死んだら・・・私の財産はどうなるのか?FPの勉強をきっかけに考えてみました。
相続と聞くと,こんなイメージでした。
「親族で話し合って,遺言書を確認して,土地や資産を相続する。」
   
中学校で相続の割合を習った気がします。(配偶者と子供2人の場合)

もし,私に8000万の資産があったら,妻は4000万,子は2000万ずつになると思います。

【相続範囲】あなたは資産を相続できる? 

民法では相続人の範囲を定めています。基本的には以下の通りです。
①配偶者は常に相続人になる。
②第1順位の者も相続人になるが,いない場合は第2順位の者が相続人になる。


※相続人になる人がすでに死亡・欠格・廃除によって相続権を失っている場合は,「代襲相続」を行う。
(1)相続人:子→代襲相続:孫
(2)相続人:妹→代襲相続:姪・甥

【相続割合】相続人ですがいくらもらえますか?

相続の割合を決めるには2パターンあります。

指定相続分・・・遺言で各相続分を指定することができます。
法定相続分・・・民法で定められた相続分のこと。絶対にその割合にしろというものではない。あくまで基準
相続割合は基本的に「指定相続分(遺言書)」が優先されるが,次の場合はその限りではない。
①遺言書がない場合 → 協議して割合を決める(協議分割)
②遺言書があっても相続人全員が異なる分割内容にしたいと思っている場合
※協議分割で成立しない場合は家庭裁判所の調停のよって分割する。

【遺留分】 遺言で損をしないために

遺言書の作成によって,財産をすべて特定の人に遺贈できるますが,そうすると残された家族が生活ができなくなるといった事態が発生します。そこで,民法では,一定の相続人が最小限の遺産を受け取ることができるようにしています。これを遺留分といいます。

遺留分を侵害された場合は,遺留分侵害額請求を行えます。
※1 遺留分の侵害を知った日から1年以内
※2 相続開始から10年以内

コメント

タイトルとURLをコピーしました