仕事ができる人は3分話せばわかる

③話す力

できる人=伝え方上手=人を動かすのが上手,ということを実感できる一冊でした。

 

人を動かすために,Youを大切にする。

聞き上手よりも,しゃべらせ上手

相手の話を「みとめる」「かんしゃする」「ほめる」「きょうかんする」で,相手が気持ちよく話すことができます。前回の記事でも書きましたが,コミュニケーションのゴールは相手が気持ちよくなることなので・・・しゃべらせることが大切です。また,そのときには,リアクションはオーバーにとも書いてありました。

 

相手に好意を持つ

「今一番大切なのは,話している『あなた』です。」と感じてもらえるように,①名前を読んだり,②笑顔で話したり,③相槌を打ったりする といいそうです。特に相槌は「あ行」「は行」がGOOD。

さらにもう一歩先に行くために『相手の家族の話題にする』

例えば・・・
①この車は広いくて,静かで,ハイスペックです。
②この車で週末家族で出かけてください。本当に車の中が快適で,お子様ものびのびできますよ!

一番難しいこと 「ユーモア」

私にとって一番難しいことです。「ユーモア」を持つことで,周りの人が和やかな気持ちになります。ユーモアの3パターン。①大げさに言うこと。②ずらすこと。③聞いたことのないたとえをいうこと。

特に③はアリストテレスが『もっとも偉大なのはメタファーの達人』というように,たとえを上手に言える人は偉大な人になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました