家事効率化のアイディア 1時間の自分時間を作るために。

⑤使う力

仕事と家事の両立って大変ではないですか?生活していたら家事は絶対にしなくてはいけないことだと思います。家事に費やす平均的な時間は1日3時間以上です。

1時間でも減らすことができたら,その1時間は「自分時間」になると思います。

私(30代 0歳3歳の息子の父)も8月から実践していて「1時間の自分時間」を自分のスキルアップや副業・副収入などに充てています。

誰でもできる家事の効率化 1時間の自分時間を作る。

私もフルタイムで働きながら家事をしていますので本当に誰でもできると思います。妻は食事を作り,私はそれ以外の家事を担当しています。

帰宅後ご飯を食べて「皿洗い」「洗濯」「床のコロコロ」。朝起きて「風呂掃除」「洗濯物を畳み」「掃除機をかけ」「庭に水をあげる」「トイレ掃除」。

8月までは「めんどくせえな」と感じながら,何も考えずに家事をしてきました。ただ,8月にいろんな本や動画を見て,「時間の大切さ」を感じるようになり,家事の効率化について考えるようになりました。今では家事の効率化で生まれた1時間の自分時間で,ブログの開設,プログラミングの勉強,お金の勉強をしています。 

誰にでもできる家事の効率化方法は大きく3つあります。

「思い切って捨てる」「ついでにやってしまう」「ルーティーンにする」です。1つ1つ実践例も含めて解説していこうと思います。

誰にでもできる家事の効率化① 思い切って捨てる

とにかく捨てます。部屋がすっきりすると ①物が少なくなって,余計な時間を使わなくてよくなる ②子供も片付けに参加しやすくなる ③掃除のモチベーションが上がる。

そのために実践したことは・・・

1年着ていない服,3か月見ていない本をまず捨てます。本はラクマやメルカリで売ったりしていました。ちなみに同じ本でも「店頭で売る」のと「ネットで売る」のでは10倍以上違うときもありました。

誰にでもできる家事の効率化② ついでにやってしまう

例えば・・・

「歯を磨くときに流しの掃除をする」「トイレに入った時にトイレ掃除をする」「風呂に入った時に風呂掃除をする」「風呂の時に使ったタオルで洗面台の鏡を拭く」「歯を磨きながら掃除機をかける」といったように,毎日こまめに掃除して,きれいな状態を保っておくことが大切だと思います。

誰にでもできる家事の効率化③ ルーティーンにする

朝起きて,「トイレに入って」→「トイレ掃除」→「リビングの掃除機をかけながら歯を磨いて」→「流しの掃除」→「洗濯物を畳んで」→「風呂に入る」→「風呂掃除」→「ごみ捨て」→「庭に水をあげる」→「(みんな起きてきたら)2Fの掃除機をかける」

といったようなルーティン化しています。どうしたら無駄のない動きになるかを考えて取り組みます。

 

誰にでもできる家事の効率化について書きましたが,これはすべて無料でできる方法です。「無料」で「家事の時間」が買えるのだとしたら実践しない理由はありません。

次回「お金」で「家事の時間」を買う方法も紹介します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました